スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式

卒業という言葉が縁遠くなっている。
高校卒業して来年で25年目を迎える。
子供もまだ幼いので、まだ先のことだ。
最近の卒業式では、
「仰げば尊し」や「蛍の光」を歌わない
学校が増えているらしい。
先日そんな話をしている方がみえた。

個人的には悲しい事である。
いろんな考え方があるのは事実だが、
世代を超えても同じ歌を聞くことで、
意識を共有できるすばらしい歌だと思う。

「変えてはいけないもの」と、
「変わらなくてはいけないもの」がある。
親や目上の者に対する敬意や感謝は
変えてはいけないものである。

歌詞のなかの
「身を立て 名を上げ やよ励めよ」が
立身出世を呼びかけていると問題
になっているらしいが、
本当の意味は実は違うようである。
この語源は「孝経」にあり、孔子が弟子の曾子に
語り聞かせた孝行の話に由来しているようだ。

漢字は実によく考えられできている。
「経」とは変えてはいけないもの、
また縦の糸を表している。
「営」とは営みであり、変化しなければいけないもの、
また横の糸を表している。
軸になる縦糸に横糸が動いて、その変化で美しい
模様の織物ができる。
この2文字を合わせて「経営」となる。
創業より受け継がれる経営理念など縦軸、
変化に応じその都度対応する年度方針など横軸、
どちらも必要不可欠で縦横が入れ替わる事もない。

それを本当に理解して行動する人が
今、時代に求められる『経営者』であり、
それを教え伝える人が、
今、時代が求めている『教育者』なのでは?








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
プロフィール

シモダトンボ

Author:シモダトンボ
マイペース人間で
熱しやすく冷めやすい性格です。
長続きするかも分かりません。
日記の更新も不定期だと思います。
コメントに対する返信ができないことも
ありますのでご了承願います。

 

当社ホームページ

 

 

リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。