スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所変われば

以前広島に行った時に初めて見たレーキ
それが「広島レーキ」だ。
広島レーキ

以前から噂には聞いていが、
なんだこのレーキは?
爪が異常に長いのだ。
そして刃に角度が付いている。
人力の敷き均しに威力を発揮するようだ。
正直広島以外では知られていないのでは?
プレートも広島仕様(?)というのがあり、
広島でしか売れない機種らしい。

舗装業界ではこんな事は
そんなに珍しくも無い話だ。
地域によって施工方法も大きく違う。
弊社の主力商品であるレーキでも
同じ事が言える。
それは木製レーキと鉄製レーキの違いである。
九州全域および関東の一部においては
鉄製レーキの使用頻度が高い。
北海道や地元中部圏では
圧倒的に木製レーキが多い。
また最近板幅が100cmの幅広のモノを注文されるお客様もあり、
これも地域性なのかもしれない。

先日地元の舗装屋さんに移動販売車にて、
デモ販売した時の話で、
自社で取り扱う鉄製レーキを見て「これ何?」と聞かれた。
本職の舗装屋でさえ、知らないのかと思った。
それぐらい地元では木製が主なのである。

プレートの付着防止にも、
関西では「水」を使うのに対し、
関東では「油」を使う。
北海道ではAs合材の配合の関係で、
コンバインドローラーは殆ど使わないようだ。

端部処理にコテを使用するところもあれば、
ぜんぜん使わないところもある。
型枠ピンも地域によって様々だ。

冬の防寒グッズについても、
北海道では当たり前のグッズが
九州では全く知られていないモノも多い。

この商売を始めて、
色んなお客様と付き合わせて頂くように
なったので、こんな情報も分かるが、
実際は業界は閉ざされた世界であり、
地方の舗装屋さんでは、ここで紹介した事も
知らない方が多いと思う。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
プロフィール

シモダトンボ

Author:シモダトンボ
マイペース人間で
熱しやすく冷めやすい性格です。
長続きするかも分かりません。
日記の更新も不定期だと思います。
コメントに対する返信ができないことも
ありますのでご了承願います。

 

当社ホームページ

 

 

リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。