スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゲタカ

先日のNHKのシリーズで
「危機の中で今を考える」という番組を見た。
構成の中でやっていたドラマ「ハゲタカ」は
おもしろかったが、その後の話は怖かった。

フランスの経済学者であり思想家であり、
作家であり、大統領の側近も永年勤めた
ジャック・アタリ氏の話は、かなり真実味があり、
今までも数々の予言を的中させている。

5つの波が今後世界を襲うという内容だ。
1つ目が 「アメリカ支配の崩壊」
2つ目は 「多極型秩序」
3つ目は 「超帝国」
4つ目は 「超紛争」
5つ目は 「超民主主義」
(詳しくは著書「21世紀の歴史」を参照)

アメリカ主導は終焉をむかえ、
それに変わり国際連合による
一時的な協調は保たれる。・・・・が、
各国が国益を重視するため結局長続きしない。
やがて市場が国家を支配し、
今よりも無秩序な世の中になっていく。
ありとあらゆる新兵器も開発され、
世界の各地で戦争が始まるという流れ。

その状態を防ぐ切り札となるのが
「利他主義」の考えであるらしい。
番組の中でアタリ氏は何度も
『博愛』という言葉を使っていた事が
強く印象に残っている。
博愛の精神とは、広い心で全ての人を
平等に愛する事である。

なんか宗教的な話になりそうだが、
実は人間の本質には、
もともと博愛の精神が備わり、
人の役に立つ事で、幸せを感じるらしい。
これが「超民主主義」の世の中だ。

衝撃だったのは、
この第5の波がないと
「22世紀を向かえることはできない」と言う事だ。


人類が自ら破滅を選ぶかどうかは、
そんな先の話でもなく、
既に目も前にある問題なのである。






















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
プロフィール

シモダトンボ

Author:シモダトンボ
マイペース人間で
熱しやすく冷めやすい性格です。
長続きするかも分かりません。
日記の更新も不定期だと思います。
コメントに対する返信ができないことも
ありますのでご了承願います。

 

当社ホームページ

 

 

リンク
RSSリンクの表示
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。